DARTS Astrophysical Data Search

[ English | Japanese ]


科学衛星「すざく」データプロダクトのテーブル構成

科学衛星・プロジェクト データプロダクト名、データ概要 DARTS/Astrophysical統合検索システムにおけるテーブル名 登録データ件数 Basic Serarchでの利用可否 SQL/ADQL Serarchでの利用可否 旧システムにおけるテーブル名
SUZAKU 「すざく」の観測とキャリブレーションについてまとめた情報。 配布データへのパスが含まれてます。
NASA / GSFC が作成した SUZAMASTER をもとに作成しました。
suzaku_master_data 3,055 MASTER
SUZAKU 「すざく」の観測機器 XIS の観測ログ。 視野情報およびデータへのパスが含まれてます。
NASA / GSFC が作成した SUZAXISLOG を元に作成しました。
suzaku_xis_observation_log 17,286 XISLOG
SUZAKU 「すざく」の観測機器 WAM の観測データリスト。 NASA / GSFC が作成した SUZAKUWAM および DARTS が作成した WAM Ver.2.0 and 3.0 data list を元に作成しました。 このテーブルには、”トランジェントデータ”(TRN)とも呼ばれる”非トリガーデータ”がリストされています。 suzaku_hdx_wam_trn_data 4,725
SUZAKU 「すざく」の観測機器 WAM の観測データリスト。 NASA / GSFC が作成した SUZAKUWAM および DARTS が作成した WAM Ver.2.0 and 3.0 data list を元に作成しました。 このテーブルには、”バーストデータ”(BST)とも呼ばれる”トリガーデータ”がリストされています。 suzaku_hdx_wam_bst_data 2,556
SUZAKU 「すざく」の配布データに関する情報 suzaku_distribution_info 3,182 SEQ_DATA
SUZAKU 「すざく」の観測データを用いた論文のリスト。 suzaku_paper 1,623 TITLES
SUZAKU 「すざく」の観測データを用いた論文の著者リスト。 suzaku_author_in_paper 14,278 AUTHORS
SUZAKU 「すざく」の観測データを用いた論文と、 その中で用いられている「すざく」の観測データのリスト。 suzaku_observation_in_paper 8,344 REFOBS
SUZAKU 「すざく」の運用ログ suzaku_operation_log 3,184 LOG
SUZAKU 「すざく」の各観測データのプロッセッシングバージョン情報 suzaku_processing_info 3,055 PROCVER

suzaku_master_data

「すざく」の観測とキャリブレーションについてまとめた情報。 配布データへのパスが含まれてます。
NASA / GSFC が作成した SUZAMASTER をもとに作成しました。

No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 object_name character varying(50) 観測ターゲット
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード OBJECT の値
NAME varchar(50)
2 center_ra double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤経
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード RA_NOM の値
RA double degree
3 center_dec double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤緯
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード DEC_NOM の値
DEC double degree
4 center_ra_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
5 center_dec_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
6 center_ecliptic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
7 center_ecliptic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
8 center_galactic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
LII double degree
9 center_galactic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
BII double degree
10 roll_angle double precision degree ロール角
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード PA_NOM の値
ROLL_ANGLE double degree
11 observation_start_time_mjd double precision MJD 観測開始日時 TIME double MJD
12 observation_start_time timestamp without timezone UTC 観測開始日時
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード DATE-OBS の値
13 observation_end_time_mjd double precision MJD 観測終了日時 STOP_TIME double MJD
14 observation_end_time timestamp without timezone UTC 観測終了日時
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード DATE-OBS の値
15 observation_id character varying(11) 一意な観測番号 / シーケンスナンバー
9 桁の数値。観測データ FITS ァイルのヘッダのキーワード OBS_ID の値
OBSID varchar(11)
16 exposure double precision ksec 有効観測時間
XISセンサのうち、正常に動作しているセンサの最短露出。 露出は、あるセンサーのクリーンアップされた全イベントファイル(異なる観測モードを含む)のGTIの総和として計算され、デッドタイムは考慮されていません。 この値が 0 の場合は、観測が実行されていないことを意味します。
EXPOSURE double sec
17 awarded_exposure double precision ksec 観測提案採択時の割当観測時間 TIME_AWARDED double sec
18 xis0_exposure double precision ksec XIS0 の有効観測時間 XIS0_EXPO double sec
19 xis1_exposure double precision ksec XIS1 の有効観測時間 XIS1_EXPO double sec
20 xis2_exposure double precision ksec XIS2 の有効観測時間 XIS2_EXPO double sec
21 xis3_exposure double precision ksec XIS3 の 有効観測時間 XIS3_EXPO double sec
22 xis0_observation_mode smallint XIS0 のモード [ 0~6の整数値 ] XIS0_NUM_MODES smallint(6)
23 xis1_observation_mode smallint XIS1 のモード [ 0~6の整数値 ] XIS1_NUM_MODES smallint(6)
24 xis2_observation_mode smallint XIS2 のモード [ 0~6の整数値 ] XIS2_NUM_MODES smallint(6)
25 xis3_observation_mode smallint XIS3 のモード [ 0~6の整数値 ] XIS3_NUM_MODES smallint(6)
26 hxd_observation_mode smallint HXD のモード [ 0 or 1 ] HXD_NUM_MODES smallint(6)
27 hxd_coarse_clock_rate_exposure double precision ksec HXD Coarse Clock Rate の有効観測時間 HXD_EXPO_CO double sec
28 hxd_first_clock_rate_exposure double precision ksec HXD Fast Clock Rate の有効観測時間 HXD_EXPO_FI double sec
29 hxd_normal_clock_rate_exposure double precision ksec HXD Normal Clock Rate の有効観測時間 HXD_EXPO_NO double sec
30 hxd_all_clock_rate_exposure double precision ksec HXD All Clock Rate の有効観測時間 HXD_EXPO double sec
31 hxd_wam_exposure double precision ksec HXD WAM の有効観測時間 HXD_EXPO_WAM double sec
32 quantity_of_hxd_burst smallint HXD バーストの数 [ 0, 1, 2, ... or 12 ] HXD_BURSTS smallint(6)
33 processing_status character varying(24) データ・プロセッシングのステータス。全てのデータが 'PROCESSED' になっている。 PROCESSING_STATUS varchar(24)
34 processing_date_mjd double precision MJD データ・プロセッシングの終了日 PROCESSING_DATE double mjd
35 processing_date timestamp without timezone UTC データ・プロセッシングの終了日
36 public_date_mjd double precision MJD データの公開開始日 PUBLIC_DATE double mjd
37 public_date timestamp without timezone UTC データの公開開始日
38 distribution_date_mjd double precision MJD データの配布開始日
この日付けは、データプロセッシングを再度行ったとしても変更されることは無い
DISTRIBUTION_DATE double mjd
39 distribution_date timestamp without timezone UTC データの配布開始日
この日付けは、データプロセッシングを再度行ったとしても変更されることは無い
40 processing_version character varying(15) データ・プロセッシングを行ったスクリプトのバージョン
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード PROCVER の値
PROCESSING_VERSION varchar(15)
41 processing_count smallint データプロセスの回数 [ 2~13の整数値 ] 観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード SEQPNIM の値 NUM_PROCESSED smallint(6)
42 processing_software character varying(80) パイプライン処理におけるソフトウェアのバージョン 観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード SOFTVER の値 SOFTWARE_VERSION varchar(80)
43 proposal_id character varying(8) 観測提案ID PRNB varchar(8)
44 proposal_abstract text 観測提案の要旨 ABSTRACT text
45 proposal_category character varying(60) 観測提案のカテゴリ SUBJECT_CATEGORY varchar(60)
46 proposal_category_code smallint 観測提案のカテゴリコード [ 1 (= Calibration), 4 (= Galactic Compact Sources), 5 (= Galactic Diffuse), 7 (= Extragalactic Compact), 8 (= Extragalactic Diffuse) or 9 (= Gamma-Ray Burst and other non-proposal TOO) ] CATEGORY_CODE smallint(6)
47 proposal_priority character varying(5) 観測提案の優先度 [ A, B, C or S ] PRIORITY varchar(5)
48 pi_name character varying(255) 観測提案者 PI_LNAME varchar(30)
PI_FNAME varchar(30)
49 co_pi_name character varying(255) 副観測提案者 COPI_LNAME varchar(30)
COPI_FNAME varchar(30)
50 proposal_affiliated_country character varying(30) 観測提案者の所属国 COUNTRY varchar(30)
51 proposal_cycle smallint 第何回の観測提案か [ 0, 1, 2, ... or 10 ] CYCLE tinyint(4)
52 observation_type character varying(10) 観測のタイプ [ AO1, AO2, ... AO9, AOn-TOO, AO6-CAL, AO6-KP, AO6-LP or SWG ] OBS_TYPE varchar(10)
53 proposal_title character varying(120) 観測提案のタイトル TITLE varchar(120)
54 main_instrument character(3) 観測の中心となる検出器 [ XIS or HXD ] AIMPOINT char(3)
55 xis_injection character(1) XIS 電荷注入の有無 [ Y (= XIS 電荷注入有) or N (= XIS 電荷注入無) ] INJECTION char(1)
56 data_access_url character varying(255) 観測データファイルにアクセスできる URL
57 ql_access_url character varying(255) 観測情報ページへのURL
58 ql_image_url character varying(255) 早見画像ファイルにアクセスできるURL

このページの先頭へ ⏏

suzaku_xis_observation_log

「すざく」の観測機器 XIS の観測ログ。 視野情報およびデータへのパスが含まれています。
NASA / GSFC が作成した SUZAXISLOG を元に作成しました。

No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 object_name character varying(50) 観測ターゲット NAME varchar(50)
2 center_ra double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤経
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード RA_NOM の値
RA double degree
3 center_dec double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 2000年分点の赤緯
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード DEC_NOM の値
DEC double degree
4 center_ra_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
5 center_dec_b1950 double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 1950年分点の赤緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
6 center_ecliptic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
7 center_ecliptic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 黄緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
8 center_galactic_lon double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀経
データ項目 center_ra, center_dec から算出
LII double degree
9 center_galactic_lat double precision degree ポインティング観測方向の座標 / 銀緯
データ項目 center_ra, center_dec から算出
BII double degree
10 roll_angle double precision degree ロール角
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード PA_NOM の値
ROLL_ANGLE double degree
11 observation_start_time_mjd double precision MJD 観測開始日時 TIME double MJD
12 observation_start_time timestamp without timezone UTC 観測開始日時
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード DATE-OBS の値
13 observation_end_time_mjd double precision MJD 観測終了日時 STOP_TIME double MJD
14 observation_end_time timestamp without timezone UTC 観測終了日時
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード DATE-OBS の値
15 observation_id character varying(11) 一意な観測番号 / シーケンスナンバー
9 桁の数値。観測データ FITS ァイルのヘッダのキーワード OBS_ID の値
OBSID varchar(11)
16 exposure double precision ksec 有効観測時間
Shortest exposure of the XIS sensors which are operated normally. The exposure is calculated as the sum of GTIs of all the cleaned event files for a given sensor (including different observation modes), and the deadtime is not taken into account.
EXPOSURE double sec
17 xis_integration_time double precision sec XIS の露光時間 INTEGRATION_TIME double sec
18 xis_active_unit character varying(4) XIS ユニットの番号 [ xi0, xi1, xi2 or xi3 ] XIS varchar(4)
19 xis_data_mode character varying(10) XISのデータモード [ STANDARD or TIMING ] DATAMODE varchar(10)
20 xis_edit_mode character varying(8) XISのエディットモード [ 2x2, 3x3, or 5x5 ] EDITMODE varchar(8)
21 xis_microcode character varying(4) XIS の観測モードを指定するID (https://darts.isas.jaxa.jp/astro/suzaku/data/microcode_list.html) MICROCODE varchar(4)
22 xis_clock_mode character varying(10) XIS のクロックモード [ normal, burst or psum ] CLK_MODE varchar(10)
23 xis_window_option bigint XIS のウィンドウオプション [ 0, 1 or 2 ] WINDOW_OPTION int(11)
24 xis_window_start_address bigint XIS ウィンドウ(画素上)の開始アドレス WINDOW_START int(11)
25 xis_window_pixel_size bigint XIS ウィンドウの使用画素サイズ [ 128, 256 or 1024 ] WINDOW_SIZE int(11)
26 xis_psum_line_quantity bigint XIS p-sum モードでの使用画素ライン数 [ 0 or 128 ] PSUM_LINE int(11)
27 ccd_horizontal_start_address character varying(20) CCD の横転送の読み込み開始アドレス [ '0,0,0,0', '70,0,0,0' or '230,0,0,0' ]
4つのセグメントそれぞれの値が記載されている。
AREA_HSTART varchar(20)
28 ccd_horizontal_stop_address character varying(20) CCD の横転送の読み込み終了アドレス [ '150,255,255,255', '210,255,255,255' or '255,255,255,255' ]
4つのセグメントそれぞれの値が記載されている。
AREA_HSTOP varchar(20)
29 ccd_vertical_start_address character varying(20) CCD の縦転送の読み込み開始アドレス [ '0,0,0,0' or '124,0,0,0' ]
4つのセグメントそれぞれの値が記載されている。
AREA_VSTART varchar(20)
30 ccd_vertical_stop_address character varying(20) CCD の縦転送の読み込み終了アドレス [ '127,127,127,127', '203,203,203,203', '383,383,383,383', '511,511,511,511', '767,767,767,767', '895,895,895,895' or '1023,1023,1023,1023' ]
4つのセグメントそれぞれの値が記載されている。
AREA_VSTOP varchar(20)
31 type_of_event_discriminator character varying(10) 4セグメントのイベント検出の判定方法 [ '0,0,0,0' or '1,0,0,0' ] DISCR_TYPE varchar(10)
32 is_present_onboard_telemetory character varying(10) 4セグメントのイベント検出の判定方法
全てのデータが '1,1,1,1' となっている。
GRADE_TELM varchar(10)
33 lower_limit_of_event_discriminator character varying(30) 4セグメントのイベントとして判断した下限 ch 値 [ '20,0,0,0', '35,35,35,35', '50,50,50,50', '60,60,60,60' or '100,100,100,100' ] EVTTHRE_LOW varchar(30)
34 upper_limit_of_event_discriminator character varying(30) 4セグメントのイベントとして判断した下限 ch 値 [ '3583,3583,3583,3583' or '3584,3584,3584,3584' ] EVTTHRE_UP varchar(30)
35 is_event_discriminated_in_frame character varying(10) 4セグメントのイベント検出をフレーム内のイベント中心のアドレスで判定したかどうか [ '0,0,0,0', '1,0,0,0' or '1,1,1,1' ] AREA_DISCR varchar(10)
36 is_event_discriminated_by_grade character varying(10) 4セグメントのイベント検出をグレードで判定したかどうか
全てのデータが '0,0,0,0' となっている。
GRADE_DISCR varchar(10)
37 configuration_of_discriminator character(2) どの処理が実施されたかの情報 [ a, b, c, ... ,x or y ] CONF_TYPE char(2)
38 data_access_url character varying(255) 観測データファイルにアクセスできるURL FILENAME varchar(40)
39 processing_date_mjd double precision MJD データ・プロセッシングの終了日 PROCESSING_DATE double mjd
40 processing_date timestamp without timezone UTC データ・プロセッシングの終了日
41 processing_version character varying(15) データ・プロセッシングスクリプトのバージョン番号
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード PROCVER の値
PROCESSING_VERSION varchar(15)
42 processing_count smallint データプロセスの回数 [ 1 ~ 12 の整数値 ] 観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード SEQPNIM の値 NUM_PROCESSED smallint(6)
43 has_xis_injection character(1) XIS 電荷注入の有無 [ Y (= Yes) or N (= No) ] INJECTION char(1)
44 corner1_ra double precision degree 観測視野領域の頂点 1 の座標 / 2000年分点の赤経
45 corner1_dec double precision degree 観測視野領域の頂点 1 の座標 / 2000年分点の赤緯
46 corner2_ra double precision degree 観測視野領域の頂点 2 の座標 / 2000年分点の赤経
47 corner2_dec double precision degree 観測視野領域の頂点 2 の座標 / 2000年分点の赤緯
48 corner3_ra double precision degree 観測視野領域の頂点 3 の座標 / 2000年分点の赤経
49 corner3_dec double precision degree 観測視野領域の頂点 3 の座標 / 2000年分点の赤緯
50 corner4_ra double precision degree 観測視野領域の頂点 4 の座標 / 2000年分点の赤経
51 corner4_dec double precision degree 観測視野領域の頂点 4 の座標 / 2000年分点の赤緯
52 corner1_ra_b1950 double precision degree 観測視野領域の頂点 1 の座標 / 1950年分点の赤経
53 corner1_dec_b1950 double precision degree 観測視野領域の頂点 1 の座標 / 1950年分点の赤緯
54 corner2_ra_b1950 double precision degree 観測視野領域の頂点 2 の座標 / 1950年分点の赤経
55 corner2_dec_b1950 double precision degree 観測視野領域の頂点 2 の座標 / 1950年分点の赤緯
56 corner3_ra_b1950 double precision degree 観測視野領域の頂点 3 の座標 / 1950年分点の赤経
57 corner3_dec_b1950 double precision degree 観測視野領域の頂点 3 の座標 / 1950年分点の赤緯
58 corner4_ra_b1950 double precision degree 観測視野領域の頂点 4 の座標 / 1950年分点の赤経
59 corner4_dec_b1950 double precision degree 観測視野領域の頂点 4 の座標 / 1950年分点の赤経
60 corner1_ecliptic_lon double precision degree 観測視野領域の頂点 1 の座標 / 黄経
61 corner1_ecliptic_lat double precision degree 観測視野領域の頂点 1 の座標 / 黄緯
62 corner2_ecliptic_lon double precision degree 観測視野領域の頂点 2 の座標 / 黄経
63 corner2_ecliptic_lat double precision degree 観測視野領域の頂点 2 の座標 / 黄緯
64 corner3_ecliptic_lon double precision degree 観測視野領域の頂点 3 の座標 / 黄経
65 corner3_ecliptic_lat double precision degree 観測視野領域の頂点 3 の座標 / 黄緯
66 corner4_ecliptic_lon double precision degree 観測視野領域の頂点 4 の座標 / 黄経
67 corner4_ecliptic_lat double precision degree 観測視野領域の頂点 4 の座標 / 黄経
68 corner1_galactic_lon double precision degree 観測視野領域の頂点 1 の座標 / 銀経
69 corner1_galactic_lat double precision degree 観測視野領域の頂点 1 の座標 / 銀緯
70 corner2_galactic_lon double precision degree 観測視野領域の頂点 2 の座標 / 銀経
71 corner2_galactic_lat double precision degree 観測視野領域の頂点 2 の座標 / 銀緯
72 corner3_galactic_lon double precision degree 観測視野領域の頂点 3 の座標 / 銀経
73 corner3_galactic_lat double precision degree 観測視野領域の頂点 3 の座標 / 銀緯
74 corner4_galactic_lon double precision degree 観測視野領域の頂点 4 の座標 / 銀経
75 corner4_galactic_lat double precision degree 観測視野領域の頂点 4 の座標 / 銀緯

このページの先頭へ ⏏

suzaku_hxd_wam_trn_data, suzaku_hxd_wam_bst_data

「すざく」WAMの観測データのリスト。 テーブル suzaku_hxd_wam_trn_data には ”トランジェントデータ”や”非トリガーデータ”と呼ばれるデータが、 テーブル suzaku_hxd_wam_bst_data には ”トリガーデータ”や”バーストデータ”と呼ばれるデータがリストされている。

No. データ項目名 データ型 単位 データ内容
1 object_id character varying(12) イベントID
データベーステーブルの一意な識別子。イベントの発生時刻を基にしており、12桁がYYMMDDHHMMSS形式の日付/時刻に相当する。
2 observation_id character varying(9) すざくの観測シーケンス番号
同じ観測シーケンスから複数の事象が検出される可能性があるため、このデータベースにおいてこの値は一意ではない。マヌーバ中などの非公開データの場合、この値は 999999999 に設定されている。
3 trigger_id smallint 一意なトリガーID
トリガーを発生した順番に 1 から 順に番号づけし たもの。トリガーしていない場合は 4001 から 順に番号づけされている。
4 event_start_time timestamp without time zone UTC イベント発生日時[UTC]
5 event_start_time_mjd numeric(17,12) MJD イベント発生日時[MJD]
6 event_duration_time character varying(7) sec イベント継続時間を表す指標 T90。
検出されたガンマ線イベント全体の 5~95%までに対応する時間。この値は秒単位で、50-5000keVのエネルギーバンドに対して導出される。
7 observation_start_time timestamp without time zone UTC 観測開始日時[UTC]
FITSキーワード DATE-OBS と TIME-OBS の値。
8 observation_start_time_mjd double precision MJD 観測開始日時[MJD]
observation_start_time より算出。
9 observation_end_time timestamp without time zone UTC 観測終了日時[UTC] FITSキーワード DATE-END と TIME-END の値。
10 observation_end_time_mjd double precision MJD 観測終了日時[MJD]
observation_end_time より算出。
11 is_triggered character varying(1) 観測がトリガーされたかどうかのフラグ
Y(=オンボードでイベントがトリガーされた)または N(=トリガーされていない、地上での分析で検出されたことを意味する)
12 event_type character varying(16) イベントを分類する文字列。値は以下のいずれか。
  • 'operation' = 実際のイベントではなく、オペレーションによる誤動作や高圧オン、ユニットスキャンに伴うイベントなど
  • 'solarflare' = GOES 衛星と同期している、もしくはそれらしい太陽フレアイベント
  • 'confirmedGRB' = 他衛星で検出され、ガンマ線バースト(GRB) と判断できるもの
  • 'confirmedAXP/SGR' = 他衛星で検出されている異常X線パルサー(AXP)、 軟ガンマリピータ(SGR)イベント
  • 'possibleGRB' = 他衛星では検出されていないが、ライトカーブで GRB らしいと判断されるもの
  • 'possibleAXP/SGR' = 他衛星で検出さ れていないが、ライトカーブで異常X線パルサー(AXP)、軟ガンマリピータ(SGR) らしいと判断されるイベント
  • 'noise/spike' = バックグラウンドの揺らぎに起因するノイズ事象や1 秒の増加現象。「トランジェントモード」で1秒間のレート上昇があり、「バーストモード」では上昇がなかった
  • 'particle/SAA' = 荷電粒子(the South Atlantic Anomaly, SAA 含む) によるカウントレート増加に伴うイベント。なお、SAAではWAMはオフになったが、WAMはオフになる前のSAAの初期発生を検出することができた。
13 object_name character varying(13) イベント(ガンマ線バースト)の名称、または恒星名
イベントが特定されていない場合、この値は空欄。
14 is_detected_by_wam0 character varying(1) WAM0でトリガーしたか否かを示すフラグ
Y =トリガーした または N = トリガーしなかった
15 is_detected_by_wam1 character varying(1) WAM1でトリガーしたか否かを示すフラグ
Y =トリガーした または N = トリガーしなかった
16 is_detected_by_wam2 character varying(1) WAM2でトリガーしたか否かを示すフラグ
Y =トリガーした または N = トリガーしなかった
17 is_detected_by_wam3 character varying(1) WAM3でトリガーしたか否かを示すフラグ
Y =トリガーした または N = トリガーしなかった
18 zenith_angle double precision degree イベント入射シータ角(天頂角)
この角度は、衛星のZ軸を基準としたときのイベントの方向を定義します。この値は、RAとDecを持つローカライズされたイベントに対してのみ定義されます。
19 azimuth double precision degree イベント入射ファイ角(方位角)
この角度は、衛星のX軸を基準にしてXY平面に投影されたイベントの方向を定義します。この値は、RAとDecを持つローカライズされたイベントに対してのみ定義されます。
20 object_ra double precision degree イベントの座標 2000年分点の赤経
21 object_dec double precision degree イベントの座標 2000年分点の赤緯
22 object_ra_1950 double precision degree イベントの座標 1950年分点の赤経
2000年分点の赤経、赤緯から算出
23 object_dec_1950 double precision degree イベントの座標 1950年分点の赤緯
2000年分点の赤経、赤緯から算出
24 object_ecliptic_lon double precision degree イベントの座標 黄経
2000年分点の赤経、赤緯から算出
25 object_ecliptic_lat double precision degree イベントの座標 黄緯
2000年分点の赤経、赤緯から算出
26 object_galactic_lon double precision degree イベントの座標 銀経
2000年分点の赤経、赤緯から算出
27 object_galactic_lat double precision degree イベントの座標 銀緯
2000年分点の赤経、赤緯から算出
28 fluence double precision erg/cm^2 イベントの総エネルギー量
WAMのスペクトル(ベストフィットモデルを使用)から得られた50-5000keVのエネルギー範囲におけるフラックスを、T100を使用してerg/cm^2のフルエンスに変換したもので、全観測カウントの100%が検出された時間間隔である。このパラメータは、デフォルトと異なる場合はエネルギー範囲も報告する。
29 fluence_energy_range_min integer keV イベントのフラックスを得たエネルギー範囲の最小値
30 fluence_energy_range_max integer keV イベントのフラックスを得たエネルギー範囲の最大値
31 paper_id character varying(39) GCN(The Gamma-ray Coordinates Network)やカタログなど、WAM 情報の引用先。
32 other_satellite character varying(66) このイベントを観測した他の衛星や検出器。複数ある場合はカンマ区切りで列記されている。
33 redshift character varying(7) 以下のWebサイトで報告された、GRB(Gamma-ray Birst)の赤方偏移
https://www.mpe.mpg.de/~jcg/grbgen.html
34 paper_about_position character varying(255) 座標の特定のために参照した論文やWebサイト。論文コード番号またはURLが記載されている。
35 flare_class character varying(9) フラックスクラス。GOES衛星による太陽フレアの軟X線フラックス。以下のWebサイトに各クラスの説明が記載されている。
https://spaceweather.com/glossary/flareclasses.html
36 remarks character varying(28) 補足コメント(マヌーバ中、SAAの影響、など)
37 data_access_url character varying(255) データファイルへアクセスできるURL。WAM ver3.0 のディレクトリ。
38 ql_image_url character varying(255) 早見画像ファイルのURL。WAM ver2.0 の早見画像をひとつにまとめた画像になっている。
39 ql_access_url character varying(255) 早見画像ファイルが置いてあるURL。WAM ver2.0 のディレクトリ。

このページの先頭へ ⏏

suzaku_distribution_info

「すざく」の配布データに関する情報

No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 observation_id character varying(9) 一意な観測番号 / シーケンスナンバー SEQ_NO varchar(9)
2 processing_version character varying(15) データ・プロセッシングスクリプトのバージョン番号
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード PROCVER の値
PROCESSING_VERSION varchar(15)
3 data_size smallint 観測番号単位での配布データセットの容量。0~8804MB DATASIZE double MBytes
4 data_access_url character varying(255) 観測データファイルにアクセスできる URL

このページの先頭へ ⏏

suzaku_paper

「すざく」の観測データを用いた論文のリスト。

No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 paper_id character varying(19) 文献番号 BIBID varchar(19)
2 public_year smallint 出版年
3 author character varying(40) 著者
4 citation smallint 他の論文からの本論分への引用数 [ 0 ~737 ] CNT int(4)
5 paper_title character varying(255) 論文のタイトル TITLE varchar(255)
6 paper_access_url character varying(255) 文献にアクセスできる URL

Go to top of this page ⏏

suzaku_author_in_paper

「すざく」の観測データを用いた論文の著者リスト。

No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 paper_id character varying(19) 文献番号 BIBID varchar(19)
2 order_of_author_name smallint データ項目 paper_id の論文中で、データ項目 author_name の著者名が記載されている順番 SEQ int(4)
3 author_name character varying(63) 著者名 AUTHOR varchar(63)
4 paper_access_url character varying(255) 論文の URL

このページの先頭へ ⏏

suzaku_observation_in_paper

「すざく」の観測データを用いた論文と、 その中で用いられている「すざく」の観測データのリスト。

No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 observation_id character varying(9) 観測番号 / シーケンスナンバー SEQ_NO varchar(9)
2 paper_id character varying(19) 文献番号 BIBID varchar(19)
3 paper_access_url character varying(255) 文献にアクセスできる URL
4 data_access_url character varying(255) 観測データファイルにアクセスできる URL

このページの先頭へ ⏏

suzaku_operation_log

「すざく」の運用ログ

No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 observation_id character varying(9) 観測番号 / シーケンスナンバー SEQ_NO varchar(9)
2 object_name character varying(32) 観測ターゲット
基本的に観測提案者(PI)によってつけられた名称
TARGET varchar(32)
3 proposal_ra double precision degree 観測提案者(PI)により提案された観測座標 / 2000年分点の赤経 RA_PLAN double degree
4 proposal_dec double precision degree 観測提案者(PI)により提案された観測座標 / 2000年分点の赤緯 DEC_PLAN double degree
5 proposal_ra_b1950 double precision degree 観測提案者(PI)により提案された観測座標 / 1950年分点の赤経
データ項目 proposal_ra, proposal_dec から算出。
6 proposal_dec_b1950 double precision degree 観測提案者(PI)により提案された観測座標 / 1950年分点の赤緯
データ項目 proposal_ra, proposal_dec から算出。
7 proposal_ecliptic_lon double precision degree 観測提案者(PI)により提案された観測座標 / 黄経
データ項目 proposal_ra, proposal_dec から算出。
8 proposal_ecliptic_lat double precision degree 観測提案者(PI)により提案された観測座標 / 黄緯
データ項目 proposal_ra, proposal_dec から算出。
9 proposal_galactic_lon double precision degree 観測提案者(PI)により提案された観測座標 / 銀経
データ項目 proposal_ra, proposal_dec から算出。
10 proposal_galactic_lat double precision degree 観測提案者(PI)により提案された観測座標 / 銀緯
データ項目 proposal_ra, proposal_dec から算出。
11 maneuver_start_time timestamp without timezone UTC 姿勢変更(マヌーバ)開始時刻 MNV_START datetime UTC
12 maneuver_start_time_mjd double precision MJD 姿勢変更(マヌーバ)開始時刻
13 next_maneuver_start_time timestamp without timezone UTC 次のターゲットへの姿勢変更(マヌーバ)開始時刻 NEXT_MNV_START datetime UTC
14 next_maneuver_start_time_mjd double precision MJD 次のターゲットへの姿勢変更(マヌーバ)開始時刻
15 euler_angle_1 double precision degree 衛星姿勢の第一オイラー角 EULER_1 double degree
16 euler_angle_2 double precision degree 衛星姿勢の第二オイラー角 EULER_2 double degree
17 euler_angle_3 double precision degree 衛星姿勢の第三オイラー角 EULER_3 double degree
18 remarks text 衛星や観測装置の操作に関する備考など REMARKS double
19 data_access_url character varying(255) 観測データファイルにアクセスできる URL
20 ql_access_url character varying(255) 観測情報ページへのURL
21 ql_image_url character varying(255) 早見画像ファイルにアクセスできるURL

このページの先頭へ ⏏

suzaku_processing_info

「すざく」の各観測データのプロッセッシングバージョン情報

No. データ項目名 データ型 単位 データ内容 旧カデータ項目名 旧データ型 旧単位
1 observation_id character varying(9) 一意な観測番号 / シーケンスナンバー SEQ_NO varchar(9)
2 public_date_mjd double precision MJD データの公開開始日 PUBLIC_DATE double mjd
3 public_date timestamp without timezone UTC データの公開開始日
4 processing_version character varying(15) データ・プロセッシングスクリプトのバージョン番号
観測データ FITS ファイルのヘッダのキーワード PROCVER の値
PROCESSING_VERSION varchar(15)
5 data_access_url character varying(255) 観測データファイルにアクセスできる URL

このページの先頭へ ⏏

Last Modified: 26 January 2023